NPO法⼈JAVA 動物実験の廃⽌を求める会
バナー

内容:ボランティア制作
担当:デザイン
利用:Photoshop

 

経緯

SNSで動物実験の残酷さを知り、とてつもなくショックを受けました。約20名の友人/知人に話しても「実験用マウスしか知らなかった」という意見がほとんどでした。
「1人でも多くの方に動物実験に目を向けてもらうため、デザインの力で役に立てることはないか」JAVA様に想いを伝え、スマホサイトのトップ画面のバナー制作の機会をいただきました。

 

提案書

リモーワークの中、複数名の方がデザインチェックしてくださるとのことだったので、事務局のご担当者様とのやりとりを提案書にまとめました。

表紙

制作箇所について

HPの目的

ご希望のデザインテイスト

HPアクセスの流れ(イメージ)

目的達成のために

目的達成のために

デザイン案

推奨デザイン(サイズ)

推奨デザイン(案)

デザインコンセプト

 

上記の企画書について嬉しいお言葉をいただき、企画書にまとめてよかった…と安堵しました。

(お忙しい中、常に丁寧に対応してくださった担当者様に感謝しております。)

 

3点修正依頼をいただき、改めてご提出させていただきました。

 

最終的に水色のバナーを選んでいただき、最後に大変ありがたいお言葉をいただきました。

 

学び

○目的達成のためのデザイン

企画書の通り、最初はマウスの画像でご依頼いただいてたのですが、1人でも多くの方に動物実験に目を向けてもらうために、ペットとして身近な犬・猫・うさぎを起用する方が幅広い方の良心に強く訴えかける効果があり、トップ画面以降のメインコンテンツの閲覧率が向上すると考えました。(※あくまで効果の話であり、もちろんマウスの実験も廃止されるよう願っております。)

ご快諾いただき、どんなデザインも「ご依頼の手法通り作る」のではなく「ご依頼の目的に沿って考える」ことを常に意識したいと再認識しました。

 

○ビジュアル

Webサイトのヘッダーやトップ画面以降のデザインと調和するよう、配色/フォントなど調整しました。

 

お礼

貴重な経験をさせていただき、JAVAの皆様に改めて感謝申し上げます。
本制作のみではなく、今後もクルエルティフリーの製品を購入するなど、動物実験廃止につながる行動を続けていきたいと思います。